知っておきたい川崎の税理士に依頼するときの大体の費用の相場

川崎は横浜からおよそ10kmの距離にあり、都内へは第一京浜や首都高速を使うことで容易に移動できます。また各種産業が中小企業を中心に発達しており、多くの法人や個人事業主が活躍しています。そうした中で、経営面をサポートしてくれる税理士は非常に重要です。顧問になってもらい、日頃からコンサルティングを依頼できるようになれば、会社のこれからの発展が望めます。顧問料などの報酬相場については、川崎に事務所を持つ多くの税理士がリーズナブルに設定しています。ただし、正確な料金は事務所によって若干変わってきます。そのため人材紹介サービス等を利用し、契約前に複数の費用見積りを比較してみると、実際の報酬相場がよくわかり、自社に最も適した税理士も見つかります。

法人の場合の報酬相場はいくらくらいか

税理士報酬の相場は、法人の売上高に左右されます。あくまでも一例ですが、年間売上額1000万円以上3000万円未満の法人で、毎月コンサルティング等の訪問がある場合、月額顧問料は通常3万円以上です。訪問頻度が少なく、半年に1度程度であれば、2万円前後の料金設定です。3000万円以上5000万円未満の年間売上額の場合、毎月訪問を受けた際の報酬はおよそ3万5000円以上です。記帳代行も頼むケースでは、月額料金に5,000円が加わります。また決算料として、月額顧問料の4か月分から6か月分が必要です。その他、年間売上額が5億円以上の法人になると、川崎では定まった相場がなく、基本的に応相談となっています。ただしいずれの場合でも、顧客の状況によって報酬額は変動します。

個人事業主では報酬額はどうなるか

個人事業主の場合でも、報酬は年間売上額に関係して支払われます。売上額が1000万円未満の事業では、毎月訪問を受けても月額報酬相場は2万円前後です。半年に1度程度の訪問なら、1万円以上の報酬額で済みます。1000万円以上3000万円未満なら、毎月の訪問の場合で約2万5000円が相場です。尚、法人か個人事業主かに関わらず、売上高でなく作業量によって報酬額を決める場合もあります。従って顧問契約をする前に、報酬額をどちらの基準で決めているか、確認すると失敗しません。自社の経営に合った報酬額なら、経営面の良きパートナーとして長く付き合っていけます。報酬面で不明な部分があれば、事前に人材サービスで聞くこともできます。多くの判断材料を得るためには、そうしたサービスを有効に利用することが推奨されます。